陶芸教室には月額でいくらかかるの?

趣味にはお金がかかるものだと言っても、かけられるお金には限度があります。
では陶芸教室に通いたいと思った場合に、月謝はどれぐらいかかり、月謝以外に発生する料金はあるのでしょうか?

まず陶芸教室は、地域によって月謝の料金設定にバラつきがあります。
また通う頻度や陶芸教室によって作り方の工程や使用する器具が異なるため、個々の教室にとっても料金設定は異なります。

では月に2回のペースで通った場合の相場料金について紹介します。
地方だと月謝は6千円程度、都心部だと少し高めで8千円程度と考えておきましょう。
そして月謝以外にかかるお金は、焼成費です。

焼成費とは、作った器を窯で焼く際に発生する料金の事です。
ほとんどの陶芸教室とは、月謝とは別に器を焼く際に別途焼成費を支払う料金システムになっています。
焼成費にかかる費用は、ガス窯なのか、灯油窯なのか、電気窯なのか、窯の種類によっても異なります。

窯の種類によって、焼成にかかる時間や手間がかわってくるからです。
また器のサイズによって、素焼きなのか本焼きなのかによっても料金は変わってきます。
ただ焼成費も月額で考えると、5千~1万円程度かかると考えておきましょう。

その他、陶芸教室では、道具は貸してくれるので、手ぶらで行く事が出来ますが、粘土や釉薬に関しては消耗品です。
月謝に含まれるのか、焼成費と同様に別途料金が発生するのか、事前に確認しておいて下さい。

そのため都心部で陶芸教室に通おうと思ったら、月謝が8千円+焼成費が1万円+粘土代1㎏1千円かかるので、2万円近くかかります。
ちなみに独身社会人が趣味にかけるお金は月に0円がダントツで多く、2位でも3千円、3位で5千円となっているので2万円は割高です。

1年間通えば、年間で24万円の出費となるので、趣味のお金と考えても陶芸教室は他の教室と比べてお金がかかる事を理解しておきましょう。陶芸教室は、器を作る過程や自分が作りたい器がイメージ通りに作れた時など、いろいろな喜びがある事は事実です。

ですが器を作るのが好きではなく、キレイな器を見るのが好き、器を色々集めたいというのであれば話は別です。
その場合は、陶芸教室に支払う24万円があれば、高級ブランドの食器を購入する事も可能ですし、陶芸家のプロの一点ものを購入する事も可能です。

なので、陶芸を作る事に興味があり、趣味に月に2万円程度支払う事に抵抗がないという人であれば、陶芸教室はオススメです。
自宅から通える陶芸教室の料金を比較したり、教室の雰囲気や教室で作っている生徒の作品を比較したりと自分に合った陶芸教室に申込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です